前へ
次へ

家にあるものが美容グッズになる

家庭にあるモノが「美容グッズ」に様変わりします。
これは、ズボラ主婦でありながらも、美魔女として美容家になった女性が教えてくれた情報です。
本人も未だに続けているため、継続した効果は、自身が身を持って証明しています。
例えば、ステンレスのスプーンやアイスクリームスプーン、バターナイフなどは、冷凍庫でキンキンに冷やしておきます。
日焼けした肌を沈静化させるにもうってつけ、毛穴のパックをした後にスプーンを当てて引き締めることにも役立ちます。
美容グッズとして傘、合羽、ビニール袋などもイチ押しです。
どんな使い方をするのか、それはバスタイムでのサウナの役割を果たしてくれます。
普段からあまり汗をかかない人でも、ビニール傘をさして湯船に浸かるだけ、あるいは、呼吸できる穴をあけたビニール袋を頭から被る、合羽を着用して湯船に浸かるだけで代謝がアップします。
蒸発する熱が逃げないように傘をさします。
簡易サウナでは老廃物がしっかり排出できます。
そしてお風呂からあがったら、すかさず冷凍していたスプーンで気になる部分を引き締めましょう。
おすすめとなるケアは、泣きはらした腫れた目にあてるだけのアイケアで、すっきりします。

Page Top